▲はなぞの歯科医院のホームページ

2018年03月28日

来た!値下げ!!「PlayStation VR、価格改定を発表」

プレイステーションのVRが1万円の値下げを決定ですって!!

来たわ!値下げが!!
来ると思ってた!!

これでついに買える!
私のお小遣いの範囲で買える!
臨時貯金を増額しなければ!!

晩酌を減らさないと・・・。

PlayStation VR、価格改定を発表
日本の価格は44,980円から34,980円に
posted by はなぞの歯科医院 at 18:24| 日記

2018年03月25日

お仕事関係の飲み会?這ってでも行け!!・・・でも、私は無理よ。

家庭が大事?
そんなことは言いわけじゃ!
「家族が一番」という逃げ道を仕事に持ちこむんじゃない!

家庭・家族が大切なのは当たり前だし、奥さんや子供はあれこれと文句を言うもんです。
それをのらりくらりと丸くおさめながら、仕事の付き合いはするのだ!

というのは、院長や社長、管理職等の責任のあるポストにいる人たちの話だと思います。
普通のサラリーマンは、無理しちゃだめだよね。
私も飲み会とかで自分の時間が削られるのは、すっごく疲れちゃう。

でもね、
院長というものは、歯科医院という事業を健全に運営するために、様々な種類の仕事や雑務を一人で把握しておかなければいけません。
外注できるものは積極的に利用して、集中すべきことを絞り込んでおくことも大切だけど、情報交換を関連業種の人や同じ立場の院長とすることがものすごく重要だと思います。

だって一人で得られる情報量には限界があるから。

だから我が院長が仕事関係で飲み会に行くとなれば、這ってでも行け!!とお尻をたたいております。
ちょっと面倒くさいなぁなんて言い出したら、がっかりしちゃいますよ。
何か約束をしていて子供ががっかりするのなら、お寿司でも出前して私が黙らせるので、行ってこいと思います。こんな時のために貯金があるのだ!私もお寿司食べられるし♪

情報は交換しなきゃ意味がない。
こちらも価値のあるカードを用意しておかないと、ウィンウィ〜ンの関係にならないから誰も一緒に飲んでくれないよね。
だから普段から色んな分野にアンテナをはったり勉強したりしなきゃいけない。

院長なんだもん。
院長なんだよ。
普通にやってちゃ、何してんのってやつですよ。

・・・え?私?
無理無理無理無理〜。

院長はつらいねぇ〜。
頑張れ〜。
posted by はなぞの歯科医院 at 15:02| 日記

2018年03月20日

部屋で自重トレーニングしてます。

子供たちが塾へ通うかもしれない。
いや、通ったほうがいい・・・。

となると、やっぱり、塾の料金がかかります。
うわぁ、何か節約しないとぉ・・・ということで、スポーツジムを解約したのです。

自宅近くのジムじゃなくて、もっと朝早くからやっている駅前のジムに変更していたのですが、塾代金捻出のために解約しました!!

プールに行きたければ市営のプールに行きますよ!
お気に入りのプール用ウォークマンが使えないけど、背に腹は代えられないですからね。

今は「部屋トレ」にハマってます。
heyatore.JPG

体を鍛えるのなら、自分の体重という負荷があるじゃない!(それも豊富に)
これならプールもトレーニング器具もいらないし、お金もかからないのよね〜。

本の通りにテレビをみながら粛々と筋トレスケジュールを進めていくと、本当に筋肉がつきますよ!
私の場合は皮下脂肪で内包されて、筋肉の有無がわかりにくいんですけどね・・・。
毎回のトレーニング後の筋肉痛が病みつきになってきます。

部屋トレは外に出る必要がないから、ますます、あなぐらひきこもり生活になっちゃってますけどね。
posted by はなぞの歯科医院 at 16:39| 日記

2018年03月16日

子供の友達がたくさん遊びに来て、知ったこと。

最近、息子の友達がたくさん家に遊びに来るんです。
まぁまぁ、大騒ぎでにぎやか。

でも私は基本的に自分の机でパソコンに向かっているか読書しているかですし、麦茶くらいしか出さないので気にならないのです。
何かあれば注意するし、断ることは断るし。
ちゃんとみんな素直にわかってくれるから可愛いもんです。
注意といっても、「ここは入らないで」とかだけですし。

何度も言いますが、私は子供は好きなのです。
ただ、苦手なだけです。
私に一緒に遊べと要求してこないのなら、子供が遊んでいるのを眺めるのは楽しいですよね。

男の子が6人くらい家に集まったりするんですが、それでびっくりしたんです。

くさいー!

これぞ、青春のかほり・・・。

ひとりだけじゃわからなかった、男の子の青春の匂いが家中に充満しますよ。

う〜ん、刺激的。

私は自分の机でアロマランプにオイルをたらしております。

男の子が集まるとこんなにムッと匂いがこもるってこと、初めて知りました。

みんなが帰ったらファブリーズよ!!
posted by はなぞの歯科医院 at 17:20| 日記

2018年03月14日

「自分のアタマで考えよう」を読んで・・・というか、読書とゲーム三昧であなぐら生活でございます。

ブログの更新もままならないほどに、毎日の雑務をこなしながら読書とゲーム三昧でございます。

ドフトエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」は大学生の時に読んだのですが、その時とは違う翻訳者・亀山郁夫氏の訳で読みなおしています。
彼の訳は、うん・・・確かに読みやすいです!これはいい。
文学を専門に勉強しているわけでもないなら、彼の訳でOKでしょうね。

それから、ライフネット生命株式会社の最高経営責任者である出口治明著の「ビジネスに効く最強の読書」という本から、読書の間口を広げています。

「花には香り、本には毒を」
「偏見なき思想は香りなき花束である」

この本のまえがきで、読書の魅力を表現した箴言に心を打たれました。

「読後に、毒素が体の奥深く沈殿して、時間をかけてゆっくりとその毒が体中に回ってくるような、そんな本が大好きです」(出口治明氏)

本の虫である彼のこの言葉に感動をして、彼が紹介する108冊の本から自分に合いそうなものを読んでいます。
なかなか難しそうな本ばかりが紹介されているなかに、社会派個人ブロガー・きちりん氏著の「自分のアタマで考えよう」というものがありました。
あれ?人気ブログのブロガーの本って、なんか毛色が違うんじゃないの?って不思議に思い、読んでみたんです。

これがね、相当に勉強になりました。

この本に「思考」は「知識」にだまされるという項目があるのですが、これは本当に痛感しますよね。
「知識が思考を邪魔している」と気づかされる瞬間って、院長と話していると本当に多いんですよ。

読書で楽に他人の思考に乗っかって思考停止している自分をよそに、院長は独自の思考で、自分のアタマで、考えてます。
かっこいいなぁって思うし、うらやましいなぁって嫉妬しちゃう。

私がゴチャゴチャ考えこんでいることに、ズバッとシンプル解を提示してくれるから助かるよね。
私は自分の内側に視点が向かっていて入り込んじゃうタイプですが、院長は外側に視点を向けていてシンプルで論理的。
私たちは思考のクセ的に「水と油」な夫婦ですが、なんだかんだでうまくいくもんですねぇ。

最近寒さもやわらいできました。
春が来たならガーデニングシーズン!
あなぐら生活から抜け出さないといけません。
それまではもうちょっと読書とゲームでひきこもってます。

長文、失礼いたしました。
もう、はいりこんじゃってますので・・・。
posted by はなぞの歯科医院 at 09:43| 日記

2018年02月28日

美顔ローラーが顎のマッサージにイイ感じ

ネットで見かけて、これはもしや!と思い購入したのが、美顔ローラーです。

bigan.JPG

顎関節症とか歯ぎしりで疲れた顎の筋肉をマッサージするにはすごくイイ感じなのです。
ちょうど耳の下の顎あたりの筋肉にぴったりフィット。
もうやめられなくて、すごく気に入ってます。

院長にはあんまりゴリゴリとしちゃダメだって言われているんですが、気持ちよくてたくさん使っちゃう。

そのおかげかどうかはわからないのですが、ちょっと小顔になったんじゃない?って院長が言ってくれました。

う〜ん、でも、小顔効果は眉唾物です。
だって顔の大きさは骨を削らないと変わらないでしょ?
まぁ、気のせいでもうれしいかな。
posted by はなぞの歯科医院 at 08:00| 日記

2018年02月23日

毎日機嫌よくいること、これぞ極意!でもPMSのときは許して。

結婚してしばらくしてから悟ったんですが、院長が妻として私がやることで一番喜ぶのは・・・

家事を完璧にすることじゃなくて、

料理を手抜きしないことじゃなくて、

子育てに熱心になることでもなくて、

毎日機嫌よくいること!なのです。

笑顔で機嫌よくいることが一番なんですねぇ。

妻は、お母さんは、家庭の太陽じゃなきゃいけないんです。

ということで、多少家事・料理・育児全般が手抜きでも、「これ以上やると、わたくしの機嫌が悪くなりますわ」という感じで、やりませんのよ。

家事が手抜きでも、機嫌が悪いよりマシっ!

PMS(月経前症候群)の症状が出ているときは、機嫌がすんごく悪くなるので、その時ばかりは申し訳ない。

イライラ感が制御できなくなるんですよ。
普段許せることでも、キィィィィームカつくー!!ってなっちゃうんですよね。
自分を客観的に観察して、普段よりも口角が下がって、悪いことをまわりのせいにしだしたら、PMSです。
自覚出来るようになると、対策もしやすいかも。
最近コントロールができるようになってきたかもしれない。

最近の研究では、薬指が人差し指より長い人は、PMSの症状が重くなる傾向があるそうです。
女性の月経前症状の重さ、「指の長さ」と相関関係?
その情報を手に入れた院長が、不意に私の指の長さを確認し「やっぱりね」って納得してました。
そうそう、私は薬指が長いのです。
・・・やっぱりね。

・・・院長ごめんね。
根気よく付き合ってくれて、ありがとう。
posted by はなぞの歯科医院 at 18:08| 日記

2018年02月21日

将棋で毎日修羅場。

息子の将棋が上達して、もう私では太刀打ちできなくなりました。

でも院長にはまだ到底かなわないのです。

だから毎日勝負を挑んではボロ負けして、涙をこらえています。
寝る時間も普段より遅くなるし、息子が負け惜しみを言いまくって落ち込むので雰囲気が暗い。
毎日修羅場です。

男の子は負けん気が強いですね。

院長が疲れて帰ってきて将棋に付き合いきれない日も勝負をせがまれるから、どこかに誰か相手をしてくれる人がいないかなぁ・・・

と思っていたら、『日本将棋連盟苫小牧支部』というものがあるのです。
http://shogitomakomai.web.fc2.com/
(ホームページトップは北海道将棋連盟となっていて、ブログは日本将棋連盟となっているのですが、どちらが正しいのかちょっとわかりません)

子供将棋教室もあるんですが、なかなか本格的。
息子はそこまで真剣に勉強しようとしてないから、教室に通うほどではないと思います。
でも対戦相手はみつかるかなぁ。
同年代に負けたほうが悔しがるかなぁ。

将棋の史上最年少プロの藤井聡太さんのおかげで将棋ブームが到来してますね。
息子にとっては、羽生竜王のほうに興味があるみたいです。
将棋界には『竜王』がいることに感動してるみたい。
竜王ってかっこいいもんね!
posted by はなぞの歯科医院 at 09:45| 日記

2018年02月06日

今月から新しい衛生士さんが頑張ってくれてます。

今月から新しい衛生士さんが頑張ってくれています!

衛生士さんの確保がなかなか難しい昨今、ありがたいことです。

人手不足っていうのですかね、こういうのって。

それに衛生士さんは結婚してしまうと、やめてしまうことが多いような気がします。

院長の歯医者さん仲間でも、衛生士さんとご結婚された方が多いのですが、衛生士として現場で働いている方はいないです。
もったいない・・・。(私が言うのもなんですが)

・・・やっぱり大変な仕事だからなのかな。
できるだけ職場環境を良くしようと、私も院長も一生懸命考えてるけど、限界があります。
しかし、定年まで働いてくれない問題を、何とか改善しないとね。
頑張るぞ!

以前、苫小牧市内の歯科医院から患者様をご紹介いただいて、その医院の院長様と我が医院の院長が、メールで情報交換をしていたんです。

歯科医師としては先輩にあたる大御所院長様を相手に、「メル友になっちゃったよ〜」ってホクホク顔で我が院長が喜んでいたんです。

え?メル友ってどういうこと?

ちょっとびっくりしたんですが、衛生士さん確保のためにどうしたらよいのか、いみじくもメールで我が院長が相談していたそうです。

患者様をご紹介していただいただけなのに!相談って!?
なんて図々しい!

院長ってば、なんでも素直に人に聞いちゃう癖があるから、困ったもんです。

でもね、ものすごくていねいに、親切に、ちゃんとアドバイスしていただいたんですって。
院長、めっちゃ喜んでた。

できる男は出し惜しみしませんね。
寛大です。
歯科医師の間でも、男の嫉妬や競争が渦巻く中、肝が据わっておられる。

そのアドバイスが功を奏して、無事新しい衛生士さんに働いてもらえることになりました。

今後ともよろしくお願いいたします。
posted by はなぞの歯科医院 at 15:53| 日記

『かがみの孤城』辻村 深月(著)、が面白かった!北光小学校がきれいになった!!

久しぶりに青春ファンタジーな小説を読みました。

『かがみの孤城』辻村 深月(著)、という本です。

714DYoonI2L.jpg
▲アマゾンへ

たぶん青少年向けの本なのですが、大人が読んでも面白いと思います。
(大人にはちょっと物足りないかんじはあるけど)
様々な理由で不登校になった中学生たちの心の描写が、優しげでていねいです。
ミステリー要素もちょっとあるし、読書が苦手な子でも飽きずに読めるんじゃないかな。

子供にどんな本を買ってあげたらいいかなと悩むことがありますよね。
子供それぞれに好みもありますし。
なかなか子供を図書館に連れて行く時間もないかもしれない。

だから学校の図書室が充実していると、本当に助かる〜。
私の小学校での居場所は、図書室でしたし。
私が通っていた小学校の図書室は、広くて、きれいで、居心地の良いソファがあって、本がたくさんあって、明るかったです。
本が大好きになりましたよ。

でも、今子供たちが通っている北光小学校の図書室は、狭くて古くて暗かった・・・。
初めて見たときはショックだったー。

でもね、3学期から新校舎が出来上がって、図書室も新しくなったんですって。
子供たちがすごくうれしそうでした!!

よかったよ〜。

それに、現代っ子の鬼門・和式トイレも少なくなって、洋式が多くなったそうです。

これもよかった〜。

ただでさえ新しい環境で戸惑っている新1年生にとって、排せつ問題で不安が上乗せされるのはかわいそうですからね。

素敵な北光小学校になって、このあたりに引っ越してくる方も多くなってほしいなぁ〜。
posted by はなぞの歯科医院 at 11:52| 日記