▲はなぞの歯科医院のホームページ

2018年12月07日

アニメ「はたらく細胞」に院長が感動!

清水茜著の漫画が原作のアニメ「はたらく細胞」をネットフリックスで子供たちとみてたんです。

satasai.jpg

https://hataraku-saibou.com/

人間の体内にある細胞を擬人化した作品です。
モンスター化して描かれている細菌やウィルスと免疫細胞たちが戦ったり、怪我やアレルギー、熱中症や敗血症などに対処していく様を楽しく描いた物語です。

これがね〜、面白いんですよ。
院長も一緒に見てたんです。

肺炎球菌と戦う白血球やインフルエンザウィルスと戦うキラーT細胞とかマクロファージ。
諸所のトラブルに対処する色々な身体の器官や仕組みの描写。
わかりやすくて勉強になります。

院長がね、感動してましたー!
免疫学を勉強したときに頭で想像していた通りだ!って興奮してましたよ。

院長は風邪をひいて高熱が出るたび

「今、体の中でキラー細胞が戦ってるから、俺の免疫細胞が・・・頑張ってるから!!」

ってぶつぶつ言いながら寝込むんですよ。

変なの〜って気味悪かったのですが、「はたらく細胞」のアニメを見てからというもの、どんな風景が院長の頭の中で展開されていたのかよくわかって面白かったです。

おすすめですよ〜。
posted by はなぞの歯科医院 at 12:09| 日記