▲はなぞの歯科医院のホームページ

2018年06月21日

院長がスラムダンクを熟読する

息子がバスケットボールを始めたんです。

それで私が真っ先に行動を起こしたことは、漫画・スラムダンクを全巻揃えることです。古本だけど。

srd.JPG

これを院長が真剣に毎日読みふけってるんです。
私は漫画も読書だと思ってるんで、院長が自宅で読書してるーって、はしゃいじゃいました。
リビングに本棚を置かない派なのですが、院長のために置いてみましたよ。

私はちょっと苦手な漫画なんですが、バスケットボールの物語といえばこれしか思い浮かばなかったです。

スラムダンクとは、要するに、持って生まれた体格と才能を前にすると、努力では太刀打ちできないということを教えてくれる漫画だと思います。
現実世界では本当にその通りなんですが、やっぱり若者が読むには夢がないじゃないですか。

ぽっと出が眠った才能を発見され、導かれてすごくなる・・・憧れるシチュエーションだけどね。
あなたは実はここがすごい!って言われてちゃんと努力できる人間になりたいけどね。
8割9割の人間は、才能なんてないんだよなぁって思います。

普通の人間が辛酸舐めて這いつくばるのが人生ってやつだと思ってます。
努力だって必ず報われるわけじゃないし。

だから生きているだけで大したもんだと思いませんか。
あなたが何も成さなくても、すごいって言われなくても、生きてるだけで丸儲けですよ。
あ、でも、犯罪とかはアカン。

まぁ、とにかく、スラムダンクが面白いことは確かです(笑)
posted by はなぞの歯科医院 at 08:30| 日記