▲はなぞの歯科医院のホームページ

2017年12月04日

苫小牧市美術博物館へ行ってきました。歯の歴史が見れちゃった。

息子が小学校でアイヌ文化について学んでいるそうです。

それで苫小牧市の美術博物館に行きたいというので、家族でアイヌ文化に関する展示物を堪能していきました。

展示物のひとつに、縄文時代の人の頭蓋骨がありました。

muse01.jpg

この頭蓋骨を見ながら院長が注目したのが、もちろん「歯」

虫歯も歯周病もなくて、すごいって感心してました。
歯がちっちゃいーって。

それに、いつも歯で何かを噛みながらそれを左手で引っ張ったりしたんじゃないかなって、まじまじと頭蓋骨を観察してましたよ〜。

こりゃ、職業病だね。

博物館の資料室で私が発見したのは、「歯 (ものと人間の文化史) 」という本。

muse02.jpg

むかしむかしから、人類、特に日本人が歯痛に悩まされ、工夫してきた文化史がまとめられた本です。

これがね、面白いんですよー!

現代の歯科分野の技術に本気で感謝したくなるくらい、昔の人は歯痛に悩まされ、なんとかしようと挑戦をしてきたことがわかります。

アマゾンで購入決定ですね。
届いたら、はなぞの歯科医院に置いておきますね。
posted by はなぞの歯科医院 at 13:51| 日記