▲はなぞの歯科医院のホームページ

2019年03月27日

「ふき」をいただきました

先日、患者様からふきをいただきました。

もう下ごしらえをしてある状態で本当にきれいで立派なふきでしたので、ふきと高野豆腐でお煮つけ作りました。

fukikoya.JPG

ふきも高野豆腐も私の大好物!
本当においしかったです。
ありがとうございましたハートたち(複数ハート)

ちなみに、写真に写っている箸置きは、最近の私のお気に入りです。

確か千歳空港のお店で購入したんです。
製作者のアーティストさんの紹介と一緒に売られていたんですが、お名前を忘れてしまいました。
何かの機会にまたその方の作品にご縁がありましたら、絶対に覚えておきます。
posted by はなぞの歯科医院 at 11:44| 日記

2019年03月18日

結局ラジオが一番になる

最近はラジオがやっぱり心地いいなぁって思ってます。

ずっと思ってたんですよ。
家事ってつまらなくて、でもやらなきゃいけなくて、何かためになることと一緒にできないかなぁって。

こんなときは、ラジオがうってつけ。
家事をしながら情報収集もしたいときに、ラジオはもってこいです。

といっても、あまり興味のない情報を聞くのも退屈だし雑音だから、以前はあまりラジオを聞いていませんでした。

でも、インターネットでラジオを聴くことができるアプリ「radiko.jp(ラジコ)」を活用することで劇的にラジオ環境が良くなりました。

プレミアム会員になると全国のラジオ番組を時間を気にすることなくピンポイントで聞くことができるんですよ。

最近は、ただじっと、ただぼーっと、ラジオに集中しているときもあるのですが、もうその姿はおっさんですね。
ええ、自覚はしておりますよ・・・。
もうしかたないじゃない・・・。
posted by はなぞの歯科医院 at 13:16| 日記

2019年03月14日

妻のトリセツ

人工知能研究者・黒川伊保子先生著の「妻のトリセツ」という本が面白かった!

torise.jpg

理不尽な妻
(いつも不機嫌、理由もなく怒り出す、突然10年前のことを蒸し返すなど、耐え難い妻の言動)
との上手な付き合い方を指南してくれる本なのです。

これは男性に向けての本なのですが、妻の立場でも読むことをおすすめしたいと思います。

自分がどれだけ理不尽で不条理で男性には理解不能なことをしているのかってことを客観的視点で確認できるんですよ。

私もねぇ〜、特に月経前症候群の時には、理不尽な不機嫌が発動するんです。

自覚できるようになってきたし、どうしようもないときはちゃんと院長にごめんなさいって謝りますが、どうにもこうにもコントロールは難しい。

それにね、この本にも書いてあって思わずドキッとしたんですが

女はただ怒るために、怒っている

そんなときがあるんですよ。絶対にある!自覚もしてるの!

まぁ〜それでも止められない。

だから、「今のは私からふっかけたわ、ごめんなさい」ってちゃんと謝るようにしてるんだけど、そりゃあもうもう、理不尽よねぇ。

院長もわかってくれてるのか、面倒くさいのか、だまって聞いてくれる。
感謝。

本格的な更年期が来る前に、何とかコントロールする術を会得しようとしている今日この頃です。

目指すはいつも機嫌のいい妻だよね。
頑張るでー!
posted by はなぞの歯科医院 at 14:10| 日記

2019年03月05日

雑誌を読みながら院長と語らって、院長に感心

本屋さんで見つけてやっぱり買ってしまった雑誌「プレジデント」2019年 3/18号

presi.jpg

特集の内容が

あなたは騙されていないか? 大損していないか?
歯医者のウラ側 徹底解明!


なのです!!

これは買って読まなきゃね〜。

記事の中で「患者様が絶対抜かなきゃいけない歯なのに抜くのを嫌がる」っていうところがありました。

患者の意向を尊重して抜かずに放置してみたら、結局悪化して抜くことになって手間と暇と医療費がかかってしまったそうです。
でも患者には感謝され罪悪感がわいたと、ある歯科医師さんがちょっとした心の葛藤を吐露していました。

が思うには、「そりゃ抜くべきでしょ!効率的じゃないし痛みとお金の負担は損だし、時間の無駄」って、一般人の感覚的で考えてしまうのです。

でも院長は

「歯を抜くという現実を受け入れる時間も必要だしね」

と、ぼそっと言ってました。

「そりゃショックだろうし」って言う院長の言葉に、ハッとしました。

やっぱりいつも患者様と向き合ってる歯医者さんは、そういう心の機微に敏感なんだね。

感心しました。
そんな考え方もあるんだね。
posted by はなぞの歯科医院 at 14:20| 日記

2019年03月01日

持論、英語は聞く力を最優先に勉強しよう!

英語で話せても、聞けなければ会話は成立しないんですよ。

英語の聞き取りができれば適切なタイミングで相づちできるし、随所で「ほんとに?マジで?すごーい!」を言うだけで会話は成立します。

それにね、聞き役にまわることで必然的に「聞き上手さん」になれるんですよ。

聞き上手はね、モテるよね〜。

ちゃんと英語を聞き取れていたなら、わからない単語や表現があっても「それってどんな意味?」って相手に聞き返すことができるんですよ。

普通はちゃんと教えてくれます。
だってさ、私はネイティブじゃないものね。
知らないの単語も当然ありますよ。

こうやって聞き返して教えてもらった単語や熟語は、実践で学んだから絶対に忘れないです。
話す力なんて、聞き取りして場数を踏めば勝手についてきます。
もうね、聞けなきゃしょうがない!

必要最低限のボキャブラリーと文法を身に着けたなら、聞き取り能力を強化することをおすすめします。
最優先は聞き取りだ!っていう、私の持論でした。

ちなみに文法を勉強するのなら「English Grammar in Use」というケンブリッジ大学が出版している英文法書を強く、強くおすすめします。

engg.jpg

英語の本だから文法の説明も何もかも英語なんですが、これは本当に実用的で日本の英語教育では補えない実践的なところも勉強できます。
大きな本屋さんやネットで購入できると思います。
今でもベストセラーみたいですよ!
posted by はなぞの歯科医院 at 13:33| 日記