▲はなぞの歯科医院のホームページ

2018年02月14日

それでもちょっとだけマイホームに後悔

あの有名なロバート・キヨサキ氏の経済論の本『金持ち父さん貧乏父さん』で強調されているように・・・

「持ち家は負債!」なのです。

わかっていても、やっぱり子育てのために購入したのがマイホーム。

しかーし!!

これから人口が減るので不動産も売りにくくなるし、核家族化や非婚化で4人家族用一軒家自体の需要が低くなるのは目に見えています。
特に日本の家は購入したとたんに価値が減り続ける資産。
新しいと思っていた設備もすぐに陳腐化します。

だから最低限のものを、と思って、マイホームにはそれほどお金もかけず期待もせず、将来売りやすいだろう場所を予算の範囲内で購入しました。
立地も日当たりが良くて、子育て用の家として公園が目の前で、かろうじて駅が近い場所を選択しました。
(近くの駅は無人駅だし、将来なくなったりしそうだけど・・・。)

でも、やっぱり後悔してます。
賃貸で何とかいけたんじゃないかと。

子供たちの進学のことや老後のことを考えると、持ち家は足かせになります。

私は家具を買う時に、どう処分するのかを考えてから買います。
家具以外にもなんでもそうです。

だから、家の処分のこともよく考えちゃいますよ。

そりゃね、子供たちが巣立った後に孫でも来てくれて楽しむには、余裕のある4人家族用の一軒家が理想です。
ただ、年を取ると寒がりになるのに、年金生活にのしかかる光熱費、特に暖房費は考えただけでクラクラします。
その頃には家の気密性も断熱性も悪くなって、設備も古くなっているころだから、暖房効率は悪いしリフォームだって大変。
減築したくたって、二階建てじゃ無理があります。

これが賃貸だったら、新しい設備で光熱費の少ない、老夫婦にぴったりな小さな物件へと引っ越ししやすいだろうに・・・。

購入してしまったのでもう腹をくくっていますが、これからマイホームをお考えの方、熟考してくださいね。
後悔しないために。
今はオリンピックの関係で買い時ではないですから、購入はもうちょっと先となるかと思いますが。

まぁ、でも、余裕のあるお金持ちには無縁な悩みでしょうけどね・・・。
posted by はなぞの歯科医院 at 11:37| 日記