▲はなぞの歯科医院のホームページ

2018年02月06日

今月から新しい衛生士さんが頑張ってくれてます。

今月から新しい衛生士さんが頑張ってくれています!

衛生士さんの確保がなかなか難しい昨今、ありがたいことです。

人手不足っていうのですかね、こういうのって。

それに衛生士さんは結婚してしまうと、やめてしまうことが多いような気がします。

院長の歯医者さん仲間でも、衛生士さんとご結婚された方が多いのですが、衛生士として現場で働いている方はいないです。
もったいない・・・。(私が言うのもなんですが)

・・・やっぱり大変な仕事だからなのかな。
できるだけ職場環境を良くしようと、私も院長も一生懸命考えてるけど、限界があります。
しかし、定年まで働いてくれない問題を、何とか改善しないとね。
頑張るぞ!

以前、苫小牧市内の歯科医院から患者様をご紹介いただいて、その医院の院長様と我が医院の院長が、メールで情報交換をしていたんです。

歯科医師としては先輩にあたる大御所院長様を相手に、「メル友になっちゃったよ〜」ってホクホク顔で我が院長が喜んでいたんです。

え?メル友ってどういうこと?

ちょっとびっくりしたんですが、衛生士さん確保のためにどうしたらよいのか、いみじくもメールで我が院長が相談していたそうです。

患者様をご紹介していただいただけなのに!相談って!?
なんて図々しい!

院長ってば、なんでも素直に人に聞いちゃう癖があるから、困ったもんです。

でもね、ものすごくていねいに、親切に、ちゃんとアドバイスしていただいたんですって。
院長、めっちゃ喜んでた。

できる男は出し惜しみしませんね。
寛大です。
歯科医師の間でも、男の嫉妬や競争が渦巻く中、肝が据わっておられる。

そのアドバイスが功を奏して、無事新しい衛生士さんに働いてもらえることになりました。

今後ともよろしくお願いいたします。
posted by はなぞの歯科医院 at 15:53| 日記

『かがみの孤城』辻村 深月(著)、が面白かった!北光小学校がきれいになった!!

久しぶりに青春ファンタジーな小説を読みました。

『かがみの孤城』辻村 深月(著)、という本です。

714DYoonI2L.jpg
▲アマゾンへ

たぶん青少年向けの本なのですが、大人が読んでも面白いと思います。
(大人にはちょっと物足りないかんじはあるけど)
様々な理由で不登校になった中学生たちの心の描写が、優しげでていねいです。
ミステリー要素もちょっとあるし、読書が苦手な子でも飽きずに読めるんじゃないかな。

子供にどんな本を買ってあげたらいいかなと悩むことがありますよね。
子供それぞれに好みもありますし。
なかなか子供を図書館に連れて行く時間もないかもしれない。

だから学校の図書室が充実していると、本当に助かる〜。
私の小学校での居場所は、図書室でしたし。
私が通っていた小学校の図書室は、広くて、きれいで、居心地の良いソファがあって、本がたくさんあって、明るかったです。
本が大好きになりましたよ。

でも、今子供たちが通っている北光小学校の図書室は、狭くて古くて暗かった・・・。
初めて見たときはショックだったー。

でもね、3学期から新校舎が出来上がって、図書室も新しくなったんですって。
子供たちがすごくうれしそうでした!!

よかったよ〜。

それに、現代っ子の鬼門・和式トイレも少なくなって、洋式が多くなったそうです。

これもよかった〜。

ただでさえ新しい環境で戸惑っている新1年生にとって、排せつ問題で不安が上乗せされるのはかわいそうですからね。

素敵な北光小学校になって、このあたりに引っ越してくる方も多くなってほしいなぁ〜。
posted by はなぞの歯科医院 at 11:52| 日記