▲はなぞの歯科医院のホームページ

2018年01月24日

ピザとパスタのレストラン「ノビータ」さんでランチしてきました。

昨日は、院長が歯科関係の説明会みたいなものに参加しなければいけないらしく、午後休診となってしまいました。

お昼にちょっと時間があいたので、院長からのランチのお誘い!
行く行く〜♪

今回は、ピザとパスタのお店「ノビータ」さんでイタリアンです。
食べログサイト

novi02.jpg

ピザとパスタとお肉のセットを注文しました。
ラクレットチーズは美味しかったです。

novi01.jpg

ちょっとはしゃいでしまって、たくさん注文しすぎたので、お肉とデザートはお持ち帰りさせてもらいました。
私は食べきれないと、よくお持ち帰りをお願いします。
どこのお店も快く包んでくれるんですが、断られることもあるみたいですね。
まぁ、欧米かぶれといわれるかもしれませんが、外国では結構当たり前に持ち帰るのが普通だったので、日本でも許される範囲でお持ち帰りします。
あ、もちろん、ドレスコードがあるようなお店ならお持ち帰りはしません。

次のランチの機会には、焼肉ランチを狙うぞ!
中落カルビ!!
posted by はなぞの歯科医院 at 10:32| 日記

2018年01月16日

新ときわスケートセンターへ行ってびっくりした!

冬休み明けすぐに子供たちのスケートの授業があるので、苫小牧新ときわスケートセンターへ練習に行ってきました。

毎回びっくりするのですが、苫小牧のスケート場は、お父さんが多いのです。
どのお父さんも子供にスケートを教えているし、お父さんは揃いも揃ってスケートが上手い!!

一方、院長は・・・

icesk.jpg

スケートで立っていることもできないので、見学です。
おいー。見学してるお父さんは院長だけだぞー。

一緒にスケートをするのは、私の役目。
院長は荷物を持ってくれたり、子供の着替えを手伝ってくれます。

初めて苫小牧のスケート場に来たときは、本当にびっくりしました。
私が生まれ育った札幌とは、だいぶ違うんです。
メインがフィギュアスケートじゃなくて、やっぱりアイスホッケー!って感じがすごい!
さすがスケートの街ですね。

スケートを久しぶりに滑った次の日には、ものすごい筋肉痛が全身を襲いました。
体幹が鍛えられますね。
posted by はなぞの歯科医院 at 18:57| 日記

2018年01月07日

歯磨き指導は退屈だし必要なのかっていう問題を歯科歴史本で解決した件

苫小牧市美術博物館で『歯』という文化史の本に出合ってから、歯に関する歴史がまとめられている本を買いあさりました。

bookd.jpg

たぶん、ご近所界隈では今私が最も歯の歴史に詳しいのではないでしょうか。
むっふっふ。

そして歯痛や歯医者の歴史を読み解くうちに・・・

退屈で必要性に疑問を少しだけ感じていた、歯医者でしつこく繰り返される、『歯磨き指導』というものが、どれだけ大切なことなのかということを、今更ながら、歯医者の妻なのに、やっと、理解したのでした。

虫歯の原因がわからなかったり、治療に麻酔が使えなかったり、入れ歯を木で作っていたり・・・。
歯科治療が進化した現代に比べると昔の人は大変だったんだなぁ。

歯科分野の研究が進むにつれて、だんだん虫歯の原因がわかってきて、歯ブラシの有用性が確認されてきました。
そんな中、日本は国民の意識を変えるために、国を挙げて歯磨きの大切さを啓蒙して行ったわけです。

bookdb.jpg

だって、虫歯は国防にもかかわる重大な問題だったのですから!

そして、歯科の中心は「治療」から「予防」、さらには「審美」へと進化してゆくのです!!

だから、しつこくて面倒くさい「歯磨き指導」は、人類の進化の集大成なのです!!

そーんなこと、いちいち指導したり練習しても時間の無駄じゃないのー?って軽く考えていることに限ってかなり重要で、発展途上国では時間の無駄をする余裕がない分、国を揺るがす重大なネックとなっていることがたくさんあるんですよねぇ。
(最近、『ネック』という言葉を覚えたので使いたい)

その一つが「歯磨き指導」なんだなぁ。

写真の本は、まだ読んでいる途中なので、もっとじっくりと読み終わったら医院に置いておきますね。

まぁ、賢明な皆様は、歯磨きの大切さについてとっくに理解していたとは思いますが・・・。
自宅で歯医者にしつこく指導される私の身にもなってください。
歯磨きポリスこと院長から、逃げ隠れして歯磨きをする日々でございます。
精進します。
posted by はなぞの歯科医院 at 11:31| 日記

2018年01月03日

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いいたします!
はなぞの歯科医院は、明日1月4日から通常通り開院しますよ!

今年のお正月、皆様はどのようにお過ごしでしょうか。
我が家は大みそかに実家に帰った以外は、苫小牧でのんびりと過ごしております。

ただ、私に帯状疱疹が出ました。
地味に痛い。
年末にはしゃぎすぎたかなぁ・・・。

中学生の時に初めて帯状疱疹が出て以来、これで5度目ですよ。
結構再発するもんですよね。

院長は年末年始に息子と将棋対決です。
小学4年生の息子が最近将棋を覚えて、院長に何度も勝負を挑むのですが、さすがに勝てません。
連日、息子が悔し涙を流しております。

院長が子供の相手をしてくれるから助かるよね〜。
私は子供の相手が苦手だからさ。

そもそも話のレベルが合わないし(さすがにう〇こ・ち〇こで笑える時期は過ぎてしまった)、将棋やカードゲームも弱すぎてつまらないし、子供は負けると泣いて面倒くさいしね。

だから院長が子供と一緒に遊んでくれると、感謝感謝の雨あられ。
私が院長だったらきっとかなり疲れただろうから、「大丈夫?すこし横になる?」レベルの心配をしちゃいます。

でも院長は子供が好きだから、「そこまでのことじゃないよ」という感じのきょとん顔。
助かります〜。

ただね、とにかく勝負事は容赦しないのが院長なんですよ。
将棋も絶対に本気で勝負。(大人げないよね)
そりゃあ息子は勝てないから泣くんです。

「勝つまで絶対やめないから」
「勝つまで絶対寝ないから」
「勝つまで絶対続けるから」

息子が院長を相手にこんなことを言っているので、面倒くさいので私が対戦して負けてあげちゃう。
娘もちゃんと負けてあげるために、息子の将棋に付き合ってあげたりするんですよ。

女ってさ・・・。
posted by はなぞの歯科医院 at 13:26| 日記