▲はなぞの歯科医院のホームページ

2018年12月15日

忙しいけど、あづまジンギスカンで元気を出しました!!

ここ最近ずっと個人的に運営しているブログの整理をしていて、いろんなことが手につかずにグズグズと日々を過ごしております。

パソコンに向かって、本を読んで、水槽を掃除して、家事を片手間でやる日々。
こんなインドアな生活に喝を入れるためにも、お取り寄せグルメで「あずまジンギスカン」を食べました!

aduma.JPG

肉厚でジューシー。
味付けも絶妙でしたよ!!
美味しかった。

震災と復興で大変なのに寒い冬に突入してしまいました。
今年ももう少し。
皆様が心穏やかに年を越し、あたらしい年を迎えられることをお祈りしております。

またお取り寄せします。
今度ははやきたチーズかな。


ブログの整理はもう大混乱。
結構楽しいけど面倒くさいことが多くてなかなか作業が進みませんね〜。
キーボードも壊れちゃって、頭から煙が出そうです。

昨今はユーチューブで高収入を得ている方も多いですが、あまり時間がなかったり、カリスマ性やアイデアが無い場合はブログの方が稼ぎやすいと思います。

映像を編集する手間もないし、顔や声をさらす必要性もなく、簡単でリスクも少なく、コメントへの対応もすごく楽です。

まぁ、私はおやつ代くらいしか稼いでないですが、それでも無いよりはましかな。
趣味のひとつだからね。
posted by はなぞの歯科医院 at 10:08| 日記

2018年12月07日

アニメ「はたらく細胞」に院長が感動!

清水茜著の漫画が原作のアニメ「はたらく細胞」をネットフリックスで子供たちとみてたんです。

satasai.jpg

https://hataraku-saibou.com/

人間の体内にある細胞を擬人化した作品です。
モンスター化して描かれている細菌やウィルスと免疫細胞たちが戦ったり、怪我やアレルギー、熱中症や敗血症などに対処していく様を楽しく描いた物語です。

これがね〜、面白いんですよ。
院長も一緒に見てたんです。

肺炎球菌と戦う白血球やインフルエンザウィルスと戦うキラーT細胞とかマクロファージ。
諸所のトラブルに対処する色々な身体の器官や仕組みの描写。
わかりやすくて勉強になります。

院長がね、感動してましたー!
免疫学を勉強したときに頭で想像していた通りだ!って興奮してましたよ。

院長は風邪をひいて高熱が出るたび

「今、体の中でキラー細胞が戦ってるから、俺の免疫細胞が・・・頑張ってるから!!」

ってぶつぶつ言いながら寝込むんですよ。

変なの〜って気味悪かったのですが、「はたらく細胞」のアニメを見てからというもの、どんな風景が院長の頭の中で展開されていたのかよくわかって面白かったです。

おすすめですよ〜。
posted by はなぞの歯科医院 at 12:09| 日記

2018年12月01日

院長の意見に答えが出た!

私は長年の間、自分は人見知りだと思っておりました。
あまり知らない人と会話をするのが苦手なので。

でも院長に「私は人見知りだから〜」って伝えるたびに「ちがう」と言われるんですよ。

わーい(嬉しい顔)人見知りじゃないと思うよ。

ちっ(怒った顔)いや、私のことをぜんんんっぜんわかってないじゃないの(怒)

この会話を何度したことか・・・。

ここにきてやっと答えが出ましたよ。

私は「内向的」だったのだと。

スーザン・ケイン著の「内向型人間の時代 社会を変える静かな人の力」という、全米でベストセラーになった本をきっかけに内向型という性格特性に注目が集まってきていて、よくよく読んでみると私の性格特性に当てはまるんですよねぇ。

naikou.jpg

特にね、内向型の人は雑談が苦手ってところがきゅんと来ますねぇ。
シャイとは違う内向型の特徴とか、一人で自分に向き合うときにエネルギーが充電できるとか。
人見知りとは別カテゴリーであることがわかりました。

そうだったんだねぇ、院長が何度も私に言っていたように、私は人見知りではないみたいねぇ。
院長鋭いねぇ(感心)

私が本を読んでやっと気がついたことを、本を全く読まない院長がとっくに気がついていたってのがちょっと悔しい。

都度怒ってごめんなさい。
posted by はなぞの歯科医院 at 08:11| 日記

2018年11月20日

院長室にある私の机に水槽を置いてみました

目の保養と癒し、アクアリウムというオアシスを職場へ〜。

IMG_1920.JPG

小さい水槽だから生体はたぶんベタかな。
いや、今流行中のメダカかなぁ〜。
ラスボラとかもいいなぁ。

・・・はい。
ちゃんと仕事もします。
posted by はなぞの歯科医院 at 09:09| 日記

2018年11月17日

「いきなりステーキ」苫小牧店へ行ってまいりました!!

今、飛ぶ鳥を落とす勢いで店舗を全国に拡大している「いきなりステーキ」

ついに苫小牧にもやってきたということで、先日院長とステーキデートをしてきました!
http://ikinaristeak.com/shopinfo/tomakomai/

ikinari01.JPG

院長は450gのお肉を。
私は300gのお肉をレアでいただきました。

ikinari02.JPG

これはね、うんまい!!

ただし、顎がやられる。

次の日、私はとんでもない頭痛に見舞われました。
顎が完全に死んだ・・・。

私の場合は顎関節症が悪化した結果ですから、健常な皆様は難なく食べることができるでしょう。

これはね、顎がもう少し健康なときに絶対もう一度行きますよ!

院長も分厚いステーキにご満悦でした。
posted by はなぞの歯科医院 at 12:10| 日記

2018年11月09日

院長が遠く感じた日

ユーチューブで解剖学というものを知って面白うそうだなって思ったので、養老 孟司著「解剖学教室へようこそ 」(ちくま文庫)を読みました。

kaibo.jpg

養老さんは東京大学医学部のご出身なので、本物の死体による人体解剖の授業を受けたのだそうです。
この本に掲載された写真には、医学生の勉強のためにずらっと並べられた、袋に包まれているご遺体がうつっていました。

2か月くらいかけて学生たちが解剖して勉強するんですって。
うわぁ、これは私には無理かもしれないって院長に話してたんですが・・・。

なんと歯学部でも解剖の授業があるそうです。
3か月くらいかけたんじゃないかなぁって院長が・・・。

え゛・・・マジで?
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!

人生で一番身近に感じていた夫が、この時ほど遠い存在に感じたのは初めてかもしれない。
なにか、決定的な違いを感じましたよ〜(涙)
解剖できる人と、できない人との。

こわいよ〜。
大切なことだけど。
想像したくないよ〜。

・・・あ、でも、私も食べるためなら動植物を解剖できるかな。
でもやっぱり、人は無理だ。食べないもんね。
医療系は本当に大変な職業ですねぇ・・・。
posted by はなぞの歯科医院 at 13:55| 日記

2018年11月06日

いらなくなった本を置きました。もらってやってください!

books0811.JPG

本当はもっとあるんですが、とりあえずの分だけ。
また自宅の本棚を整理したら置いておきます。

おすすめは
「出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと」
花田 菜々子 著

9784309026725.jpg

この本はねぇ、最近読んだ本の中で個人的に一番面白かったんですよ。
私はあまり知らない人と話しをするのが苦手ですが、新しい人との出会いってステキなものなんだなってこの本を読むと実感できました。

お笑い芸人オリエンタルラジオ中田 敦彦 (著)の「僕たちはどう伝えるか」もあります。なかなか面白かったかな。

お笑い芸人ピース又吉さんが『世界一受けたい授業』で紹介したことで爆売れ状態になった『友だち幻想』もありますよ。
内容は、もう私くらいの年齢になると悟って知ってて当たり前のことばかりなのですが、若い思春期の方々にはよい本だと思います。

先日ブログでご紹介した「不機嫌は罪である」とか、ライザップのお料理レシピ本とか、お子様には「あるかしら書店」もおすすめです。

もう自宅の本棚がパンパンなので、もらってやってください。
posted by はなぞの歯科医院 at 10:26| 日記

2018年10月16日

院長とランチデート!カフェリブネルへ

院長からのお久しぶりのランチのお誘いよ〜。
いくいく〜♪
ランチデートぉ黒ハート

今回は苫小牧清水町にあるカフェリブネルさんです。
Cafe Live nel リブネルホーム | フェイスブック

livene01.JPG

外にもテーブルがあって、今日は天気が良かったから気持ちよさそうでしたが、オーソドックスに室内で。

livenel02.JPG

入って左側には雑貨等が展示してあります。
右側はカフェとなってますよ。

ivenel03.JPG

私はタコライス。
院長はチーズフォンデュとアイスカフェモカを注文しました!

タコライスは、セブンイレブンのタコライス弁当の方が好みかな。
カフェモカとかデザートは美味しいようです。
雰囲気がおしゃれだから女子ウケするカフェでしたよ〜。

でもね、
次に一緒にランチ行くときは、焼肉ランチ!!
カルビ!中落カルビー!
焼肉屋さんで肉食べたいよ〜。

・・・いやいや、ラーメンか?
こってり辛みそラーメンが食べたい。

もうね、おっさんみたくなっちゃったよ。
ごめんね院長。ランチ誘ってくれてありがとー。
posted by はなぞの歯科医院 at 16:34| 日記

2018年10月07日

不機嫌は罪である

「不機嫌は罪である」齋藤 孝 (著)を読みました。

fukigen.jpg

いやぁ、そうそう、不機嫌って駄目だよね。

この本では「もはや不機嫌は許されない」、「職業としての上機嫌をみにつけよう」ということをおすすめしてくれてます。

他にも
「仕事ができる人はなぜモチベーションにこだわらないのか」相原 孝夫 (著)

mochibe.jpg

この本では、会社に必要なのは「やる気のある人」より「機嫌の良い人」と断言しています。

上機嫌に振る舞うことは社会人としてのマナー。

上記の本で紹介されている偉人の名言でいえば、

「上機嫌は人が着ることができる最上の衣裳である」
ウィリアム・メイクピース・サッカレー

「私は義務の第一位に上機嫌をもってくるにちがいない」
「不機嫌というものは、結果でもあるが、それに劣らず原因でもある」
アラン


う〜ん、心にしみる真理。

グーグルが行った、社員同士のコミュニケーションを中心に、その仕事ぶりを徹底的に観察するワーク・モニタリングをまとめた結果によると、
右向き三角1グーグルが突きとめた!社員の「生産性」を高める唯一の方法はこうだ

「他者への心遣いや同情、あるいは配慮や共感」といったメンタルな要素が円滑に保たれているチームが、最も生産性が高く成功しているとわかりました。
要するに社員の心理的安全性が確保されているチームが最強ってことです。

このね、心理的安定性を維持することって、社員、特に上司が上機嫌であることが最重要項目の一つだと思います。

不機嫌を周りに振りまいて察してもらおうとするよりも、上機嫌に説明してわかってもらおうとするほうが、ずっとずっと、生産性が高い結果が待ってるってことですよね。

口角は、できる限り常にあげておく。
これはね、感情は行動の後追いをするらしいので、先に口角を上げておけば楽しいって思えるようになるらしいから、精神的にいいことだよね。

院長はね、機嫌の上下が少ないです。
いっつも上機嫌。
本当に安定してる。

私もね、それをすっごく感謝してます。
だから、私も上機嫌でいようって思える。

不機嫌は周りに伝搬して、雰囲気悪くするだけだし、不機嫌で威厳が出たり、察してもらったり、一目置かれることは絶対ないです。
めんどくさい人、怖い人、嫌な人って思われるだけです。
未熟な人間だと思われるだけです。

不機嫌が許されるのは、圧倒的天才だけ。

だから不機嫌で回りをコントロールしようとしちゃいけないって、心に深く刻み込もうと改めて思ったのでした。
posted by はなぞの歯科医院 at 16:24| 日記

2018年10月04日

それでもPCが使いやすい

初めてのiPhoneが車にひかれてバッキバキに壊れて以来、ずっとガラケーとタブレットを使っているんです。

たまに院長のスマホを借りるけど、小さくて使いにくい。
タブレットもかさばる。

もうね、変なふうにタッチして、ツイッターの投稿は間違って消しちゃうし、ブログの管理画面でせっかくまとめた記事をまちがって消しちゃうし、スクロールが上手くいかなくてイライラするし・・・。
記事に関しては3投稿分が消えちゃいましたよ。

中年おばちゃんにはPCで仕事するのが一番しっくりくるね。

それにやっぱり、ホームページ管理とか編集とか、文書の作成とか画像の加工とかだと、絶対にPCじゃなきゃ無理だと思います。

思ってたんですけど、私が好きでよく見るユーチューバーさんはスマホだけで動画を編集して投稿しているらしいです。
けっこう凝った作りの動画なのにPCも使わずに出来ちゃうんだなぁ。

院長がこれからはPCに特化した仕事もスマホで出来るようになる時代が来るって私に言うから、そんなわけないってプチ論争になったんですけどね、こりゃね、ほんとにそうなのかもね。

ただ、スマホちっさい。
タブレットもタッチパネルだと不意に変なところ間違って押しちゃうよ。

私の消えたツイートと記事を返して・・・。
posted by はなぞの歯科医院 at 22:35| 日記